資格について【免許】

第二種電気工事士

第二種電気工事士とは、一般住宅や店舗などの600ボルト以下の低圧の屋内外電気配線工事を行うのに必要な国家資格です。

2級電気工事施行管理技士

2級電気工事施行管理技士とは、一般建設業の営業所の専任技術者または主任技術者となりえる国家資格である。

第一種電気工事士

第一種電気工事士とは、第二種電気工事の範囲と最大500kW未満の低圧・高圧・特別高圧の電気工作物(工場やビルなど)の電気工事を行うのに必要な国家資格です。

年に一回 試験が実施されます。

危険物取扱者

危険物取扱者とは、消防法によって定められた厳しい規制のある危険物の取扱いや立会いを行うことのできる専門家のことです。資格には、甲種・乙種・丙種の三種類があります。

当社では、1名。この資格をとっています。

1級電気工事施行管理技士

1級電気工事施行管理技士とは、特定建設業の営業所の専任技術者または監理技術者となりえる国家資格である。